ブログトップ

Mitakko Journal From Brooklyn

kaori0907.exblog.jp

お料理バトン

NYに拠点を置かれ、アメリカ国内だけでなく日本からも彼女のセッションを求めて
訪問者が絶えないサイキックカウンセラーの原田真祐美さんより
お料理バトンをまわしていただきました!

真祐美さんがブログで仰る様に
過去の経由を見させていただくと、お料理エリートな皆様で
私みたいなただの食いしん坊がバトンを受けとるのも恐縮なのですが
せっかく戴いたので楽しく書かせていただきます!


■お料理を始めたのはいつ?
実際に自分で「料理」と呼べる様な事を始めたのは高校生を過ぎてからだと思いますが、
子供の頃からお菓子作りを手伝ったり、簡単な作業を手伝うのは割と好きだったと思います。
ただ、鍵っ子だった小学校の高学年の頃には、おやつとしてクレープやホットケーキは作る事が出来たので、11歳、12歳くらいでしょうか。

■お料理を始めたきっかけは?
多分単に食べる事が好き=「食いしん坊」だったからではないかと思います。
他には、一人暮らしを始めてからは節約の為に毎日お弁当を会社に持って行っていましたが、
その辺りから、簡単なもの、凝ったもの関わらず毎日料理をする癖がついたように思います。

鍵っ子の経験や、両親ともお料理上手・アウトドア好き、祖母が料理をお仕事にしていた等々
私を取り巻く状況はあったものの、「食いしん坊」というのが料理をしたい気持ちに直結しているのだと思います。

■お料理をしていて良かったことは?
自分のカラダは、食べたもの・飲んだ物で出来ているというのがしっかり感じられる事!

日本に数年前、スローフードやロハスなライフスタイルが見直された時、
周りの友達に影響され半ば流行に乗った形でマクロバイオティックを試した所
本当にその影響力にびっくり!
当時、東京が誇るヴィーガンカフェ「カフェエイト」が近所の目黒区青葉台に移って来て
偶然飲んだオーガニックビール(確か)や、カレーも最高に美味しくて一気に大ファンになりました。

しかし、私はお肉も魚介類も大好きだし、チーズもお酒も大大大好き...
なので、完全にヴィーガン、ヴェジタリアンには成れませんが、
自分のカラダを中性にする感覚は気持ちがいいもので、
体調・気分に合わせて、プチマクロ、プチヴィーガンは実行しています

■お料理していて悪かったことは?
悪かったことというか、、
何を作っても毎回作り過ぎてしまうことです。

つい、何人家族ですか!?という量を作ってしまいがちなので
最近は作り過ぎた時には近所の友達や仲良しのキャブドライバーさん等にお裾分けするようにしています。

あとは、私は無類の麺好きで、自分の好きな味付けのパスタを作った時等、本当に鍋一杯食べてしまうことがあるのでそこはコントロールしたい所です。。。

■自分の腕を思う存分褒めてください。
冷蔵庫の中のものでのひらめき料理が上手だぞ!

■自分は料理に向いていると思う?
向いていると思いますが、この前も友達とフードネットワークの[Chopped]を見ていて
シェフに成る程のペイションはうちらにはないねぇと認め合いました笑。

■主に何を作ってる?
一番多いのはイタリアン
次にカリビアン、和食、中華、たまぁにアメリカーンなBBQとかマック&チーズ等も

■あなたの料理に欠かせないものは?
EVOO! エクストラ・ヴァージン・オリーブ・オイル

■ずばり、あなたにとって料理とは?
リラックス&気分転換
料理中は他の事を何も考えなくなるので、出来上がリ後の食べる事のみに集中できるのが好きです。

■次に回すお料理上手さんをどうぞ!
NYで活躍されるファッションライターの前田佳奈子さん
昨年より近所のCobble Hill在住なので、可愛いなっちゃんに道で偶然会えた時はHappy!

では、佳奈子さんどうぞ!
[PR]
by kaori0907 | 2010-06-10 01:53 | 徒然
<< 父と息子 Rutland for Ali... >>