ブログトップ

Mitakko Journal From Brooklyn

kaori0907.exblog.jp

LIVE!


a0043374_1712667.jpg
昨日は『is!CAFE』に出演させて頂きました

いやぁ~
とにかく楽しかった。

久しぶりにレコード以外の音源で歌いました

というのも、ハコとイベントの雰囲気からいってこれはアコースティックな感じのライブが
いいなと思っていたので、barbiのKeita氏にお手伝いして頂き、簡単な打ち込みにベース,
上ものとして鍵盤系の音、鉄琴のような音色のものを加えたユルクもグルービーなトラックを作成後、生でアコギを弾いてもらいました。

演目は
 1.「Spooky」 50年代位のソウルフルな曲で色んな人がカヴァーしすぎていてオリジナルが誰なのか不明。 ベースを唸らせてアコギもジャカジャカ弾いて、グルービーに歌い上げました。
 
 2.「Waiting in vain」 言わずも知れたボブ・マーリーの曲です。マイクにリヴァ―ブを強めにかけ、ギターもちょっと絡む程度でフワーっとやりました。

自分で言うのもなんですが、なかなかいい出来でして
最近こういう雰囲気でライブをやる人って、クラブシーンではいないかなぁなんてちょっと自画自賛。(すいません)

カフェバー的なイベントということで、ユルくやろうと始めたこの企画でしたが、実は結構本気になってました。 もしかしてら普段のクラブイベントより真剣(というか必死?)でした。
この二週間、どうやって歌おうかなぁ(特にSpooky)って通勤途中もずっと考えていました。
久しぶりに生音の楽しさと、難しさに触れた二週間
トラックがシンプルな分、歌がしっかり歌えていないとカッコ悪いので必死でした 笑。

このイベント、普通1Drink付きとかがパターンだけど、なんと1/Food付き
東京のクラバー達の胃袋を支える小さなモンスター!HIYORIちゃんの美味しいフードがいっぱいで、かなり幸せなイベントでした!
HIYORIちゃんありがとう そしてKURIちゃんHappy birthday*

その他の出演者の方も気持ちよく歌っていましたが、特筆すべきはやっぱり燦早ちゃん。
最高!ミュージカル仕立てのショウは誰にも真似できないし、クラブでシカゴを歌いきる人も初めて見ました。 かっこいいい.....!彼女とはなにか一緒にやりたいなと思いました。
ピアノの連弾のような感じでジャズの掛け合いとかどうかな
腹筋、頑張らないとっ


親友、お世話になってる兄さん、同僚の(大先輩)、エイゴの先生まで色々来ていただいて
本当にありがとうございました。


この企画、売れっ子barbiさんの支障がない程度にたまにやりたいです♪
[PR]
by kaori0907 | 2006-04-27 17:14 | MUSIC♪
<< ガールズイベント『いや~んっ』... ミュージックバトン2 >>